2013.01.26

レアル守護神カシージャス、骨折で最大3カ月の戦線離脱

長期離脱となってしまったカシージャス

 レアル・マドリードのスペイン代表GKイケル・カシージャスは、23日に行われたコパ・デル・レイ準々決勝のバレンシア戦で味方と接触し、左手を痛めて途中退場した。第1中手骨の骨折が明らかになり、マドリード市内の病院で手術を行ったが、長期離脱となるようだ。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 カシージャスの手術を担当したミゲル・デル・セロ医師は、「手術はうまくいった。おそらく全治は8週間から12週間くらいだろう」とコメントし、カシージャスの離脱期間に触れた。

 最大で約3カ月離脱することとなったカシージャスは、チャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦のマンチェスター・U戦やコパ・デル・レイ準決勝のバルセロナ戦などを含め、多くの重要な試合を欠場することとなり、レアル・マドリードには大きな痛手となってしまった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る