2013.01.25

国王杯準決勝進出のバルサ第2監督「難しい試合だったが、我々が相応しかった」

 コパ・デル・レイ準々決勝セカンドレグが24日に行われ、バルセロナがマラガと対戦し、4−2で勝利を納めた。この結果、2戦合計6-4でバルセロナが勝ち上がり、レアル・マドリードとの“クラシコ”が準決勝で行われることとなった。試合後、ジョルディ・ロウラ第2監督は、バルセロナが勝ち上がりに相応しかったと語った。クラブ公式HPが紹介している。

「我々にとって難しい試合だったが、選手たちは1度や2度ではなくペースを作り直し、チーム全体が良かった。我々は(トーナメントを)通過するのに相応しかったと思う。ピッチの状態は、正直、酷かった。コンビネーションプレーを行なうのも難しく、両チームにとってデメリットになっていたと思う」

「(リオネル)メッシを交代させたのは念のためだ。右足の内転筋に疲れがたまっていた。特別なことはないと思っている」

「日曜日にまだ、(リーガ・エスパニョーラ第21節の)オサスナとの大事な対戦が残っている。(コパ・デル・レイ準決勝の)レアル・マドリード戦については、まだ話さないほうが好ましい」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る