FOLLOW US

バルサが粘るマラガ退け勝利、国王杯準決勝でレアルとのクラシコへ

マラガに勝利したバルセロナが準決勝進出 [写真]=Getty Images

 コパ・デル・レイ準々決勝セカンドレグが24日に行われ、マラガとバルセロナが対戦した。

 ホームでのファーストレグを2-2の引き分けで終えていたバルセロナは、8分にダニエウ・アウヴェスのクロスにペドロ・ロドリゲスが頭で合わせ、早々に先制点を得る。しかし、マラガも直後の12分にカウンターからホアキン・サンチェスが決めて、すぐに同点とする。

 後半に入ると、立ち上がりの49分にアンドレス・イニエスタのクロスをジェラール・ピケがペナルティエリア内で胸トラップから左足で決めて、バルセロナが勝ち越しに成功する。だが、粘るマラガは再び同点とする。68分にロケ・サンタ・クルスがペナルティエリア中央やや右外からゴール左隅へのシュートを決めた。

 同点とされたバルセロナだったが、76分にイニエスタがセスク・ファブレガスとのパス交換から抜け出し、右足で決めて再びリードを得る。80分にはD・アウヴェスの右クロスからリオネル・メッシがヘディングシュートを決めて勝負あり。試合はそのまま終了し、バルセロナが4-2で勝利した。

 この結果、2戦合計6-4でバルセロナが勝ち上がり、レアル・マドリードとの“クラシコ”が準決勝で行われることとなった。

 同日に行われた準々決勝のもう1試合、ベティスとアトレティコ・マドリードの試合は、1-1の引き分けで終了。2戦合計3-1としたアトレティコ・マドリードが準決勝進出を決め、セビージャと対戦する。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO