2013.01.23

バルセロナ、クエンカが右ひざの故障から8カ月ぶりに待望の復帰

クエンカ
約8カ月ぶりの復帰が決まったクエンカ

 コパ・デル・レイ(国王杯)準々決勝ファーストレグではマラガとホームで2‐2と手痛いドローに終わり、リーガ・エスパニョーラ第20節ではレアル・ソシエダとアウェーで2‐3と今季初黒星を喫したバルセロナ。守護神のスペイン代表GKビクトル・バルデスが今後の契約延長を放棄することが明らかになるなど、ここに来てチームにはネガティブな話題が連続しているが、そんな中で嬉しいニュースが舞い込んだ。

 バルセロナは、U‐23スペイン代表FWイサーク・クエンカに出場許可が下りたことを発表した。昨年5月末に右ひざの半月版を損傷したクエンカは、メンバー入りが確実視されていたロンドン・オリンピックへの出場を諦め、完全に問題を解決するためシーズン終了後の6月に手術に踏み切った。当初は全治4カ月程度と見られていた同選手は、昨年11月にはチームに合流して練習を再開したものの、そこからのリハビリが予想以上の長さとなり、ようやく8カ月ぶりに復帰にこぎつけた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る