2013.01.22

ビッグマッチ実現に興味を示すセスク「サポーターを喜ばせることができる」

ビッグマッチ実現に興味を示したセスク [写真]=ムツ カワモリ

 世界最高峰との呼び声が高いリーガ・エスパニョーラとプレミアリーグ。この両リーグの選抜チームによる対決という、壮大なアイデアが浮上していることについて、バルセロナに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガスがコメントを残した。スペイン紙『スポルト』が報じている。

 先日行われたFIFA(国際サッカー連盟)年間表彰式で発表された2012年の世界年間ベストイレブンを、リーガ・エスパニョーラ勢が独占。これに異を唱えるイングランドのフットボール関係者が、「リーガ選抜とプレミア選抜の試合」発案。このアイデアについてセスクは、「実現できるようにサポートするよ」と協力的な姿勢を示し、試合に関しては以下のように述べている。

「この試合を実現することができれば、異なるリーグの特性を見ることができるから、とてもおもしろいと思う。サッカー界で最も重要なイベントの一つになるだろうね」

「試合が実現可能かどうか、しっかり検討する必要があるだろう。でも、もし実現できたとしたら、サポーターは間違いなく楽しんでくれるだろうね」

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る