2013.01.18

オサスナのラマー、“リーガ化”が加速するスウォンジーへローン移籍

 オサスナのベルギー人MFロラン・ラマーが、スウォンジーにローン移籍することが決定した。契約期間は来シーズン末までの1年半で、スウォンジーは買取オプションを有しているとのことだ。

 スウォンジーは今シーズン、現役時代はバルセロナおよびレアル・マドリードでプレーし、指導者としてもヘタフェおよびマジョルカを指揮したミカエル・ラウドルップ監督を指揮官に迎えたことで、チームの“リーガ化”が加速している。

 バレンシアからスペイン人MFパブロ・エルナンデス、ラージョ・バジェカーノからスペイン人MFミチュ、ビジャレアルからオランダ人MFジョナサン・デ・グズマン、マジョルカからスペイン人DFチコと、昨シーズンまでリーガ・エスパニョーラでプレーした選手を一挙に4人獲得。これに2007年夏から在籍するスペイン人MFアンヘル・ランヘルを加えた5選手がレギュラーを務め、ここまで9位と好調なチームを支えている。

 ラウドルップ監督がサイドアタッカーの獲得を希望していたことで、冬の移籍市場での入団が確定したラマーは、新天地での意気込みを示した。

「プレミアリーグでプレーするのは僕にとって夢だった。また、ラウドルップ監督の指導を受けられるのも素晴らしい。いち早く練習に合流し、自分が通用することを示したい。スウォンジーは家族のようなクラブなので、適合するのは難しくないだろう」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る