2013.01.17

レアルのカシージャス「僕が迎えているのは自分自身との戦い」

スペイン代表でもキャプテンを務めるカシージャス [写真]=ムツ カワモリ

 コパ・デル・レイは15日、準々決勝ファーストレグの1試合が行われ、レアル・マドリードがホームでバレンシアを2-0で下し、準決勝進出に王手をかけた。

 レアル・マドリードのキャプテンであるスペイン代表GKイケル・カシージャスは、強豪同士による注目の顔合わせに先勝したことを喜びながらも、セカンドレグに向けて気を引き締めた。

「最も重要なのは失点しないことだったので、結果には満足している。今日は両チームに多くのチャンスがあったが、僕達はそれを逃さなかった。チーム最大の武器の1つである強力なカウンターアタックを見せることができた。とはいえ、バレンシアは偉大なチームであり、アウェーにかかわらず真っ向から挑んできた。彼らのホームに戻るセカンドレグではさらに厳しい戦いを仕掛けてくるはずなので、僕達は歯を食いしばらなければならない」

 ジョゼ・モウリーニョ監督がここに来てGKアントニオ・アダンをスタメン起用し始めたレアル・マドリードだが、カシージャスは冷静に現実を受け止めているという。

「僕が迎えているのは自分自身との戦いだ。それを乗り越えるためにはハードワークをしなければならない。今日の自分のパフォーマンスには喜んでいる。だが、アダンが試合に出て勝利したとしても、それは同じ事だ」

 カシージャスは一方、連覇を目指すリーガ・エスパニョーラで首位バルセロナから18ポイント差の3位に沈んでいる状況については、決して白旗はあげないとの強い姿勢を示した。

「レアル・マドリードに求められているリーグでの役目からして、僕達に対して厳しい意見が向けられるのは理解できる。今は全員であらゆる批判に耐えなければならない。確かにリーガではとても厳しい状況に立たされているが、自分達のため、支えてくれるファンのため、そしてこのユニフォームのためにも、全ての試合で勝利を目指し、最後まで戦い続けなければならない」

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る