2013.01.13

レアルのモウリーニョ監督「全員がやるべき仕事をしてくれていた」

最下位のオサスナと引き分けたが、選手を評価したモウリーニョ監督

 リーガ・エスパニョーラ第19節が12日に行われ、レアル・マドリードがオサスナと対戦し、0−0で引き分けた。試合後、レアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督は「チームの戦いぶりに不満はない。全員がやるべき仕事をしてくれた」と選手を評価した。クラブ公式HPが伝えている。

「チームの戦いに満足しているし、何一つ不満はない。長い間プレーをしていなかったが、素晴らしい試合をしてくれた選手たちもいる。要求の高い試合の中で彼らは良い働きをしていた。総合的にみても、誰かに対して不満をこぼすことはない。全員がやるべき仕事をしてくれた」

「首位との勝ち点差が大きく開き、チームがプレッシャーなくプレーすること、もう追いつけないと感じることは、モチベーションの問題として大きく影響している。相手チームの戦いからいっても、この試合はゲームを作るのが簡単なものではなかった。チャンスは多く作れなかったが、得点を決めるだけのチャンスを作りだした」

 また、モウリーニョ監督はスペイン代表GKイケル・カシージャスについてもコメント。「セルタ戦での働きは気に入っている。今日の試合、実際にボールを触る場面はなかったが、それはチームが守備面で良い働きをしていたことを表しているし、彼自身がしっかりとチームの守備に連動していたことを意味する。バレンシア戦に出るかどうか話をするのはまだ時期早々だ」と、次節の起用には明言を避けた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る