2013.01.12

下位脱出のきっかけを掴むのはエスパニョールか、セルタか

 第13節ヘタフェ戦後、エスパニョールはマウリシオ・ポチェッティーノ監督を解任、ハビエル・アギーレ氏を新監督として迎えた。アギーレ監督就任後の戦績は1勝3分1敗で、第16節レアル・マドリード相手にサンチャゴ・ベルナベウで2‐2の引き分けに持ち込んだことは記憶に新しい。さらにこの5試合で喫した唯一の1敗は、バルセロナ相手だ。現在は3勝6分9敗、勝ち点15の第18位。19位のデポルティボとは勝ち点で並び、最下位オサスナとの勝ち点差はわずかに1、第17位グラナダとのその差も1となっているが、今後もアギーレ監督率いる新生エスパニョールに期待したい。

 アギーレ監督はバルセロナ戦0‐4と敗北後の会見で、「バルサのレベルは最高だ。カンプ・ノウで、このレベルには、今のエスパニョールは太刀打ち出来ない。この敗戦は忘れて次のセルタ戦へ向かう。セルタはまさに競争相手だ」と、前を向いた。アギーレ監督に交代して以降は我慢の戦いができていただけに、このレベルの違いの敗戦はあっさりと忘れ、引きずることなく今節へと臨める様子だ。

 対するセルタは現在5勝3分10敗、勝ち点18の第15位。今週水曜日に行われたコパ・デル・レイ(国王杯)ベスト16のセカンドレグは0‐4でレアル・マドリードに敗れ、準々決勝への道を断たれた。第1戦では2‐1でレアル・マドリード相手に勝利を挙げ注目が集まったが、最終的にはは敗退が決まった。右サイドバックのスペイン人DFウーゴ・マジョがこの試合でひざの十字じん帯を損傷し、全治に6カ月ほどの見込み。代わりはU‐20スペイン代表のホニーを招集した。ホニーは第3節オサスナ戦でスタメン出場デビューを果たして以来、1部の試合から遠ざかっているが、今後に期待したい。なお、アルゼンチン代表MFアウグスト・フェルナンデスが出場停止から明ける。

 リーガでの直近3試合では、ベティス、アトレティコ・マドリードと連敗したが、前節はバジャドリード相手に3‐1と勝利を収めている。今節も順位の近いエスパニョールを相手に勝利を挙げ、下位からの脱出を図りたいところだ。

【予想スタメン】
・エスパニョール[4‐2-3-1]
GK:13.カシージャ(1.クリスティアン・アルバレス)
DF:16.ハビ・ロペス、19.コロット、15.エクトル・モレーノ、18.カプデビラ(27.ビクトル・アルバレス)
MF:6.フォルリン、7.バエナ(22.ワカソ)、4.ビクトル・サンチェス、10.ベルドゥー、20.シモン
FW:9.セルヒオ・ガルシア

・セルタ[4‐2‐3‐1]
GK:13.ハビ・バラス
DF:28.ホニー、12.カブラル、5.トゥニェス、3.ロベルト・ラゴ(16.ベイビス)
MF:4.オウビーニャ、8.アレックス・ロペス、24.アウグスト・フェルナンデス(18.パク・チュヨン)、9.マリオ・ベルメホ、23.クローン=デーリ
FW:10.イアゴ・アスパス

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る