FOLLOW US

ペドロ「将来、子供達に『史上最高の選手の隣でプレーしていた』と言う」

史上初の快挙を達成したメッシ

 7日に行われたFIFA(国際サッカー連盟)の2012年の年間表彰式で、FIFAバロンドール(世界年間最優秀選手賞)4年連続受賞(前身のFIFA最優秀選手賞およびバロンドールを含む)という史上初の快挙を達成したバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシへの称賛は後を絶たないが、チームメートのスペイン代表FWペドロ・ロドリゲスもその1人だ。

 ペドロは8日の練習後に行われた会見で、メッシと前線でパートナーを組めることの偉大さを熱心に説明した。

「メッシとは何年も一緒にプレーし、お陰で多くのタイトルに恵まれてきた。これは特権以外の何物でもない。現在のフットボール界、いや過去を含めてもナンバーワンであろう選手と多くの事を共有できるのは、幸せであり喜びだ。メッシが改めてバロンドールを受賞したのは、本当に嬉しい。彼は年々プレーの質を向上させ、毎シーズンのように新たな記録を打ち立てている。過去の自分を超えていく彼が、今後もバロンドールを獲得することは間違いない。将来、子供達には『お父さんは、史上最高の選手の隣でプレーしていたんだ』と言うだろうね」

 一方、6日に行われたエスパニョールとの“バルセロナ・ダービー”では2ゴールを挙げ、チームの4-0勝利に貢献したペドロは、開幕戦以来およそ5カ月ぶりとなるゴールに安堵の表情を示した。

「先日は幸運にもゴールを挙げることができた。あれで少し気分が楽になった。FWの選手は常に点を取りたいと思っているが、自分は長いこと見放されていたからね。とはいえ、ゴールから遠ざかっていた時期も、焦りは無かったけどね」

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO