2013.01.10

アトレティコ、来シーズンに向けてマラガのトゥララン獲得を計画

 スペイン紙『AS』によると、今シーズン快進撃を続けているアトレティコ・マドリードが、来シーズンに向けてマラガの元フランス代表MFジェレミー・トゥラランの獲得を計画しているという。

 現在、首位バルセロナからは11ポイント離されているものの、3位のレアル・マドリードに5ポイント差をつけて2位を走るアトレティコ・マドリードは、4年ぶりとなる来シーズンのチャンピオンズリーグ出場が現実味を帯びてきている。

 一方、今シーズンのチャンピオンズリーグでは決勝トーナメント進出を果たし、リーガ・エスパニョーラでもレアル・マドリードから5ポイント差の4位につけているマラガだが、財政問題によりUEFA(欧州サッカー連盟)の主催大会からの除外処分を受けており、CAS(スポーツ仲裁裁判所)への異議申し立てが認められない限り、来シーズンのチャンピオンズリーグないしヨーロッパリーグへの出場は不可能となる。また、トゥララン本人はリーガ・エスパニョーラに満足しているものの、来シーズンもチャンピオンズリーグでプレーしたい意向のため、今後の去就は不透明となっている。

 アトレティコ・マドリードは、昨年夏の移籍市場でもトゥララン獲得を目指した経緯があるが、このマラガの現状および同選手の希望を鑑みて、今年の夏も再び攻勢を仕掛ける構えのようだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る