FOLLOW US

バルセロナのバルデス「エスパニョールとのダービーは常に重要な試合だ」

ダービーの重要性を強調したビクトル・バルデス

 バルセロナに所属するスペイン代表GKビクトル・バルデスは、足底筋膜炎のために、カタルーニャ代表戦を欠場していたが、6日のエスパニョール戦は問題ないとコメントした。クラブ公式HPが伝えている。

バルデスは足の状態について、「バジャドリード戦でひどく違和感を感じて終わったが、それを再び感じたんだ。でも、ひどくならないし問題はないよ」と語り、エスパニョール戦は欠場しないと話した。
 
 また、エスパニョールとのバルセロナ・ダービーについては、「それが僕らのホームでも、エスパニョールの本拠地であっても常に重要な試合だ。特に小さい時からここで育ってきた人々にとってはね。僕らは小さい時から、エスパニョールと対戦するのに慣れているよ」と語っている。

 そしてリーグ戦に関しては「僕らは、まだリーグ戦の前半戦も終わっていない。確かに2位や3位を離すことができているが決定的なものではない。 まだ試合はたくさん残っているし、多くの勝ち点が残っている」と気を引き締めた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO