2012.12.30

リーガの2強体制を嘆くシメオネ監督「退屈だと言ったが、間違っていた。リーガは不平等だ」

シメオネ
レアルとの決戦に臨むアトレティコのシメオネ監督 [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督は、バルセロナとレアル・マドリードの2強が支配するリーガ・エスパニョーラについて「不平等だ」コメントしている。スペインメディアが伝えた。

「以前『リーガは退屈だ』と言ったが、それは間違いだった。正確に言うならばリーガは“不平等”だ。2004年にバレンシアがリーグタイトルを獲得して以降、レアル・マドリードかバルセロナが常にチャンピオンになっている。それは不変の事実だ。彼らは3位以降に大きく差をつけて優勝する。しかし、これは退屈とは少し違う。彼らが展開するフットボールは素晴らしいからね。彼らが、他のクラブのファンが抱いている、いつか自分の応援しているクラブが優勝するのではないかという夢を打ち壊していると主張したかったんだ。レアル・マドリードとバルセロナはその巨額な予算で、大きな違いを作り出している」

「今シーズンも悲しいことに、バルセロナ以外のクラブのファンは夢を見ることができない。彼らのフットボールは素晴らしいよ。彼らに追いつくことは不可能だと言いたくはないが、勝ち点は離れすぎている。数字は嘘をつかないよ」

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る