2012.12.27

レアルの選手たちをファンが採点…モウリーニョ監督には3.5点の低評価

マラドーナ氏から称賛の言葉を受けたモウリーニョ

 スペインの『マルカ』紙がファンを対象に行った、今シーズン前半のレアル・マドリードの選手及びコーチに対する採点のアンケート結果が、一面で発表された。

 それによれば、最も高得点を獲得したのはスペイン代表GKイケル・カシージャスとスペイン代表DFセルヒオ・ラモスのキャプテン2人組。採点は10点満点でつけられ、最高得点のカシージャスとラモスには6.9点が与えられた。0.3点差で次点となったのが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。ここ数試合は連続でイエローカードを受けるなどしたものの、その得点能力やチームでの働きが高く評価された形だ。

 合格ラインと言われる6点以上につけたのは、上記のトップ3選手以外では、スペイン代表MFシャビ・アロンソ、スペイン人FWホセ・カジェホン、フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ドイツ代表MFメスト・エジルの4人だけ。ベンゼマとエジルはぎりぎり6点となっており、ポルトガル代表DFペペやアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン、ドイツ代表MFサミ・ケディラは5点台。5点に満たない選手も、ブラジル代表MFカカを筆頭として10人以上に上る結果となった。気になるジョゼ・モウリーニョ監督への採点は3.5点と、サポーターの絶望感が色濃く映し出された結果となっている。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る