2012.12.26

バルセロナのクエンカ、冬の移籍市場でバレンシアへ移籍か

 冬の移籍市場で、バルセロナのスペイン人FWイサーク・クエンカがバレンシアにレンタル移籍となる可能性が高まっている。クエンカは今年5月にひざの外側のじん帯の手術を行い、その後はリハビリに励んでいたが、ようやくピッチに復帰できる状態にまで戻ってきた。

 回復状況の最終判断を下す必要がまだ残っているものの、クエンカ自身はバレンシアへのレンタル移籍を前向きに検討しているようだ。現在バルセロナはスペイン代表FWペドロ・ロドリゲス、同ダビド・ビジャ、スペイン人FWクリスティアン・テージョなど、クエンカとポジション争いをすることになる選手を数多く抱えており、少しでもプレー時間を増やしたいクエンカにとって、レンタル移籍は有効なオプションだと見られている。

 その場合、レンタル移籍期間は6か月で、完全契約に移行する買い取りのオプションもつくことになるという。バレンシアのアルジェリア代表MFソフィアン・フェグリがアフリカ・ネーションズカップに参戦することもあり、その代替要員としてクエンカを起用したい意向だ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る