2012.12.26

バレンシアのガゴ、古巣ボカへ長期契約を願い出る「死ぬほど戻りたい」

 バレンシアのアルゼンチン代表MFフェルナンド・ガゴが、古巣ボカ・ジュニアーズで選手生活を終えたいという希望をクラブに出し、またボカに対して8年間という長期契約を願い出ていることが話題になっている。

 ボカ側はこの提案を丁寧に検討しており、8年という契約期間がサッカー界で一般的ではないとわかっているものの、同時にこれだけの長い契約を希望するということは、その間クラブに忠誠を誓うことにも繋がるとして、関心を持っているという。

 カルロス・ビアンチ氏が新監督として率いる現在のボカでプレーすることは、ガゴにとって一つの夢であり、ガゴの代理人マルセロ・ロンビージャ氏が「ボカに戻れる可能性があると聞いて、両足が震えたよ。死ぬほど戻りたい」とガゴが話したと、伝えている。ビアンチ監督はボカに最後の栄光をもたらした人物であり、ガゴはボカが生み出した偉大なカンテラの一人。このチームにガゴを加えたいクラブ側の意向もあるという。

 だがガゴの前には大きな壁が立ちはだかっている。バレンシアが彼を移籍させる意向は無いと言われており、特に今冬に移籍させる気は全く無いようだ。代わりとして保証となる中盤がいないことと、昨年、レアル・マドリードに350万ユーロ(約3億5000万円)を支払って獲得したからにはその金額以下で売却するつもりはないことの2点がネックとなっており、この課題がクリアされるまでは、ガゴの夢が叶う可能性は低そうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る