FOLLOW US

バルセロナのビラノバ監督が腫瘍再発…昨年11月にも摘出手術

再び腫瘍が見つかったと報じられたビラノバ監督

 スペイン『スポルト』はバルセロナのティト・ビラノバ監督が耳下腺腫瘍を再発させたと報じた。

 同監督はアシスタントコーチを務めていた昨年11月にも耳下腺腫瘍が見つかり、摘出手術を受けた。手術は成功し、現場に復帰した後、今シーズンからは監督としてバルセロナを指揮。現在、リーグ戦16試合を終えて15勝1分でクラブは首位に立っている。

 バルセロナから正式な声明は出ていないものの、近日中に同監督の状態や今後の方針などの発表がされるようだ。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA