FOLLOW US

バルセロナの主将プジョル「40歳までプレーを続けたい」

キャプテンとして、バルセロナをけん引するプジョル

 公式記者会見に現れたバルセロナのプジョルが、「40歳までプレーを続けたいし、そうできるように頑張っていきたい」と話した。

 プジョルは現在34歳だが、本人は先日のアトレティコ・マドリード戦でも「あそこまで気持ちよくプレーできたのは久しぶり」と話すなど、コンディションが良いことを強調した。とはいえ、「ずっと続けていきたいのは確かだが、当然ながら、ひきずるつもりはない。1年後か2年後、あるいは5年後になるかはわからないけれど、もし調子が良くないと感じたら、その時はきっぱりと辞めるよ。契約がその時点で残っていたとしてもね」と話しており、あくまでも自身の体調と相談しながら、できる範囲で続けていきたいとの希望を語った。

 また、第16節終了時点でバルセロナは2位以下に差をつけてリーグ首位を独走しており、宿敵レアル・マドリードとの勝ち点も13と広がっている。その点を聞かれたプジョルは「もし、手を緩めないチームがあるとしたら、それはレアル・マドリードだ」と、まだまだ気を許すことはできないという考えを示し、「少しでも気を抜いたら、すぐに結果は変わるだろう」とベテランらしく気を引き締めた。

[写真]=ムツ カワモリ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO