FOLLOW US

レアルが19位エスパニョールに土壇場で追いつかれ、ホームで痛恨のドロー

 リーガ・エスパニョーラ第16節が16日に行われ、レアル・マドリードとエスパニョールが対戦した。

 レアル・マドリードは、ホームにエスパニョールを迎えたが、31分にカウンターからセルヒオ・ガルシアに強烈なシュートを叩き込まれて、先制点を奪われてしまう。

 ホームで追いかける展開となったレアル・マドリードだが、前半終了間際の45分にクリスティアーノ・ロナウドが同点ゴールをマーク。右サイドからサミ・ケディラの上げたボールに右足で合わせて、ゴールネットを揺らした。

 試合を振り出しに戻して後半を迎えると、48分には左サイドからペペ、C・ロナウドと繋ぎ、最後はオーバーラップしてきたファビオ・コエントランがシュートを決めた。

 勝ち越しに成功したレアル・マドリードは、1点差のまま逃げ切るかと思われたが、試合終了間際の88分に再び失点。CKの混戦からファン・アルビンに押し込まれ、土壇場で同点に追いつかれてしまった。

 同点後は互いに勝ち越し点を奪えずに2-2のまま、タイムアップ。レアル・マドリードは、19位に低迷するエスパニョール相手にホームで痛恨のドローとなった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO