2012.12.09

取りこぼしはできないアトレティコ、巻き返しを狙うデポルティボを迎え撃つ

 アトレティコ・マドリードは現在11勝1分2敗、勝ち点34の2位。前節注目の首都決戦レアル・マドリードとの“マドリード・ダービー”で完敗を喫し、さらに今週木曜日に行われたヨーロッパリーグでもビクトリア・プルゼニ相手にアウェーで0‐1と敗戦、首位バルセロナとの勝ち点差は8に広がり、レアル・マドリードとの差は5、ELではグループリーグは突破したものの、2位通過となってしまった。

 EL決勝トーナメント進出の決まっていたアトレティコは、第6戦でもグループリーグ第5戦と同じようにメンバーを大幅に入れ替えて臨んだ。守備陣はスペイン代表DFフアンフラン、スペイン人DFホルヘ・プリード、元ブラジル代表DFミランダ、スペイン人DFドミンゴ・シスマ、中盤には元ポルトガル代表MFティアゴ、トルコ代表MFエムレ・ベロゾール、スペイン人MFハビ・マンキージョ、同MFラウール・ガルシア、前線にスペイン代表FWアドリアン・ロペスとブラジル人FWジエゴ・コスタという布陣。DFラインでは、ミランダが今節累積警告のため出場停止予定、となるとフアンフランが2試合連続出場か。中盤ではスペイン人MFマリオ・スアーレスと同MFガビがボランチでコンビを組めば、今節は全くの別メンバーで臨める。FWではアドリアン・ロペスが継続出場かというところ。いずれにせよ、首位バルセロナ、3位レアル・マドリードの勝ち点差を考えれば、そう簡単に取りこぼしはできない。

 一方のデポルティボは現在2勝5分7敗の第19位。11節レアル・サラゴサ戦3‐5、12節レバンテ戦0‐2、13節アスレティック・ビルバオ戦1‐1、前節はベティス相手に2‐3と惜敗を喫し、ここ4試合で1分3敗となり元気がない。早急に立て直しを図りたいところだ。

 1‐1で引き分けたビルバオ戦で得点を挙げているコロンビア代表MFアベル・アギラールは、「相手が強豪アトレティコだから、もし負けても問題ないなんて考えることはできない。ぼくたちはそんなことを言える状況ではない。勝ちにいかなければならない。勝つためのチームだと考えなければならない」と状況打破へ向かって気を吐いた。なお今節はスペイン人DFアイタミ・アルティレスが累積警告のため出場停止となる予定。

【予想スタメン】
・アトレティコ・マドリード[4‐2‐3‐1]
GK:13.クルトワ
DF:20.フアンフラン、23.ミランダ、2.ゴディン、3.フィリペ・ルイス
MF:4.マリオ・スアーレス、14.ガビ、6.コケ、10.アルダ、7.アドリアン・ロペス(11.クリスティアン・ロドリゲス)
FW:9.ファルカオ

・デポルティボ [4‐2‐3‐1]
GK:1.アランスビア(13.ルクス)
DF:15.ラウレ、28.インスア、19.ロデリック、17.アヨセ
MF:4.アレックス、14.アベル・アギラール(10.フアン・ドミンゲス)、16.ブルーノ・ガマ、21.バレロン、9.ピッツィ(18.カムーニャス)
FW:11.リキ

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
9pt
アーセナル
6pt
レスター
5pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
6pt
フライブルク
6pt
レヴァークーゼン
6pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
6pt
レアル・マドリード
4pt
バジャドリード
4pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング