2012.12.08

マラガに暗雲か、降格圏からの浮上を狙うグラナダを迎え撃つ

 6勝4分4敗の勝ち点22で、ヨーロッパリーグ出場権内の5位につけるマラガ。6位ヘタフェとは勝ち点で並んでおり、マラガから12位バレンシアまでの勝ち点差はわずかに4、その中に8チームがひしめいている。

 マラガのここ3試合を見てみると、先週半ばに行われたコパ・デル・レイ(国王杯)では、ベスト16へ駒は進めているものの3部のカセレーニョ相手に0‐1で敗れ、前節はアウェーでヘタフェに0‐1と敗戦、勝ち点で並ばれてしまった。さらに、4日に行われたチャンピオンズリーグでは同グループのミランを尻目に1位通過は果たしているものの、アンデルレヒト相手に終了間際同点を許し2‐2と引き分けている。

 アンデルレヒト戦で、前半に交代を余儀なくされた元フランス代表MFジェレミー・トゥラランは、左足太もも裏の肉離れで最低でも1カ月は戦線を離脱する。同じく後半に途中交代したブラジル人DFロブソン・ウェリグトンは、今節のグラナダ戦には支障はないようだ。マヌエル・ペジェグリーニ監督はアンデルレヒト戦後、「ディフェンス面においてはあまり良くなかった。チャンピオンズリーグでは全体的には良かったし、満足している。この2試合の前に首位通過が決まっていたから、選手をうまくやりくりできた」と総括した。リーガでは混戦の中にいるだけに、気は許せない。

 一方のグラナダは3勝3分8敗の勝ち点12で18位。第11節ベティス相手にアウェーで勝利を挙げたものの、第12節アトレティコ・マドリード相手に0‐1、第13節バジャドリード相手に0‐1で2連敗。第14節ではホームでエスパニョール相手に0‐0と、連敗はストップしたものの勝ち星からは遠ざかっている。また、先週半ばに行われたコパ・デル・レイではレアル・サラゴサに勝利を収めたが、アウェーゴールの差でベスト16へ進出することはできなかった。今後はリーガに集中し、今シーズンも1部残留を果たしたいところだ。

 フアン・アントニオ・アンケラ監督はスコアレスドローとなったホームでのエスパニョール戦後、「私のチームは勝つために精一杯やった。これもチームだ。いいチームでなければならないし、悪いのは私だ。とても悲しい。私の選手たちは私の選手たち、最後の最後まで私は彼らと一緒だ」と、責任は自身にあると述べ選手たちをかばった。まだまだシーズンは長い。残留へ向けて一戦一戦を戦うだけだ。

【予想スタメン】
・マラガ[4‐2‐3‐1]
GK:13.カバジェロ
DF:2.ヘスース・ガメス、5.デミチェリス、3.ウェリグトン、18.エリゼウ
MF:16.イトゥーラ、6.イグナシオ・カマーチョ、7.ホアキン、22.イスコ、19.ポルティージョ
FW:9.サビオラ(24.サンタ・クルス)

・グラナダ[4‐2‐3‐1]
GK:1.トーニョ
DF:2.ニョム、15.ディアカテ、20.ボルハ・ゴメス、6.シケイラ
MF:24.イリネイ、14.ミケル・リコ、22.トルジェ、9.エル・アラビ(17.ブラヒミ)、11.ダニ・ベニーテス
FW:25.イガロ

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング