2012.12.01

後のないレアル、好調アトレティコとマドリード・ダービーで激突

レアル・マドリードのC・ロナウドは、4試合ぶりのゴールなるか

 今シーズンのリーガに限っては様相が若干異なっている。首位バルセロナと3位のレアル・マドリードとの間に、2位を走るアトレティコ・マドリードの存在があるからだ。レアル・マドリードがこの首都のダービーで13年間にわたり無敗を誇っているとは言え、今回の対戦ではお互いに例年とは異なる精神精神状態で試合に臨むこととなるだろう。

 今週の両チームは、ミッドウィークに国王杯ベスト32のセカンドレグで2部Bのチームと対戦。どちらもファーストレグで大勝しているため、出場したのは控えメンバーやBチームの選手が中心だったが、レアル・マドリードは火曜にアルコジャーノに3-0、アトレティコ・マドリードは水曜にレアル・ハエンに1-0とホームで勝ち、難なく次ラウンド進出を決めている。その試合ではそれぞれに負傷者が発生しているものの、前者はアルビオルが左足首捻挫で全治3週間から4週間、後者はクリスティアン・ロドリゲスが筋肉系のけがと、リーガでは元々、先発する可能性の薄い選手に被害が留まったのは不幸中の幸いだった。ただしレアル・マドリードでは、イグアイン、エッシェン、マルセロら、ここしばらく戦列を離れている選手たちの復帰予定がまだ立っていない状況にある。

 チームの調子を見ると、11月の初旬にバレンシア戦、ヨーロッパリーグのアカデミカ・コインブラ戦で連敗した後、アトレティコ・マドリードは見事に復調し、現在は公式戦5連勝中。前節でもセビージャに4-0で勝利と、攻守両面での強さが戻ってきている。また、3試合ノーゴールが続いていたエースのファルカオもそのセビージャ戦ではPKで得点を挙げ、昨シーズンはけがのため、出られなかったサンティアゴ・ベルナベウでのダービーに照準を合わせているという。

 その一方で、レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドは、昨シーズンのビセンテ・カルデロンでの対戦でハットトリックを達成している。こちらもここ3試合得点がなく、その間にリーガ得点王争いのライバル、メッシに7ゴールも差をつけられてしまった。この一戦では風邪が治ったばかりのGKクルトワ相手に、自らゴールを挙げてチームの勝利に繋げたいところだ。「今はまだ11月。多くの試合は残っているのだから、リーガで優勝することは可能だ」(シャビ・アロンソ)といったように、強気な意見もあるレアル・マドリードだが、今後の逆転優勝を目指すには、ともあれ首都のライバルを超えることが先決となろう。

【予想スタメン】
・レアル・マドリード[4-2-3-1]
GK:1.カシージャス
DF:17.アルベロア、3.ペペ、4.セルヒオ・ラモス、5.コエントラン
MF:14.シャビ・アロンソ、6.ケディラ、10.エジル(19.モドリッチ)、22.ディ・マリア
FW:7.クリスティアーノ・ロナウド、9.ベンゼマ

・アトレティコ・マドリード[4-4-2]
GK:13.クルトワ
DF:20.フアンフラン、23.ミランダ、2.ゴディン、3.フィリペ・ルイス
MF:4.マリオ・スアーレス、14.ガビ、6.コケ、10.アルダ
FW:9.ファルカオ、19.ジエゴ・コスタ

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る