2012.12.01

リーグ新記録に挑むバルセロナに対し、ビルバオはFW陣の復調に希望

今シーズンも得点を量産してバルセロナをけん引するメッシ

 前節レバンテ戦では4-0と快勝し、前日に敗れたレアル・マドリードとの勝ち点差を11に伸ばしたバルセロナ。同試合では史上初めてカンテラ出身者のみの11人が公式戦で実現するという快挙も話題となった。勝ち続けるチームは今節、リーグ新記録となる14節での13勝目を目指す。

 週中の国王杯では大半の主力メンバーが休養をとった。直後のチャンピオンズリーグも既にグループ首位通過を決めているため、今節もまたベストメンバーを揃えた必勝布陣で挑むことができる。注目はゲルト・ミュラーの年間最多得点記録まであと3ゴールと迫ったメッシ。そして国王杯で2ゴールを挙げプロ300ゴールに到達したFWビジャだ。特にビジャは足首を痛めて欠場した前節、MFイニエスタが左FWで起用され大活躍しているだけに、今節も健在をアピールすべく積極的にゴールを狙っていくはずだ。

 対するアスレティック・ビルバオは前節ホームでデポルティーボと1-1のドロー。下位に低迷する現在は結果が必要なだけに痛い取りこぼしとなった。

 とはいえ前節は、今シーズンのこれまでの試合と比べて内容的に良いサッカーができ、チャンスも十分に作った。また水曜に行われたヨーロッパリーグのアポエル戦は既に敗退が決まっている消化試合だったが、これまで出場機会が少なかったFWフェルナンド・ジョレンテとFWトケーロが揃ってフル出場し、ゴールを決めている。

 チームの現状を見る限りアウェーでバルセロナから勝ち点を奪うのは難しそうだが、出場停止明けのFWアドゥリスと共に彼らストライカーが少ないチャンスをものにできるかどうかが大きなポイントとなりそうだ。

【予想スタメン】
・バルセロナ[4-3-3]
GK:1.ビクトル・バルデス
DF:19.モントーヤ、3.ピケ、5.プジョル、18.ジョルディ・アルバ
MF:6.シャビ、16.セルヒオ・ブスケツ、8.イニエスタ
FW:17.ペドロ、10.メッシ、7.ビジャ

・アスレティック・ビルバオ[4-2-3-1]
GK:1.イライソス
DF:15.イラオラ、23.エキサ、5.アモレビエタ、3.アウルテネチェ
MF:10.デ・マルコス、8.イトゥラスペ、21.アンデル・エレーラ
FW:14.スサエタ、20.アドゥリス、19.ムニアイン

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る