2012.11.20

交代指示に明らかな不満顔のプジョル、交代劇の裏側を暴露

復帰を果たしたプジョルに早速フル稼働が求められている

 10月2日のチャンピオンズリーグ・グループリーグのベンフィカ戦で左ひじを痛めたバルセロナのスペイン代表DFカルレス・プジョルが、ホームで行われた対レアル・サラゴサ戦で約45日ぶりに復帰を飾った。しかし、スタメンで起用されたプジョルは後半29分、交代選手として自分の背番号が表示されると、明らかに不満げな表情に。その後、スペイン人DFマルク・バルトラと交代する姿が、映像に映し出された。

 その後も地元テレビ局は、プジョルの様子を追跡。プジョルがベンチに戻ってからも、チームドクターにだけ挨拶せず、不満げにドリンクを飲んだりしている姿を映していた。しかし、この交代劇の謎は、試合後にプジョル自身が説明したことで解けた。

 プジョルは、「試合中に足がちょっと重い感じがしたので、『大丈夫だとは思うが万が一のために、誰かアップさせておくようベンチに伝えてくれ』とジョルディ(アルバ)に言ったんだ。ところがそのメッセージが間違って伝わってしまった。交代選手で自分の番号を見た時は、『おい、正確にはなんて伝えたんだ?』ってジョルディに聞いたよ」と笑いながらコメント。誤解が招いた交代だったことを明らかにし、試合については「かなり調子はよかったし、満足しているよ。負傷後の最初の試合は、簡単じゃないからね」と振り返った。

 とはいえ、今回の交代劇で一番の被害をこうむったのは、実はプジョルではなく交代したバルトラかもしれない。バルトラは右足の内転筋を痛め、2~3週間の離脱が決定。一難去ってまた一難。スペイン代表DFジェラール・ピケと久々にコンビを組んで出場したプジョルの肩に、再びバルセロナのディフェンスラインは一任されることになる。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る