2012.11.17

C・ロナウドが歴代最多得点6位間近、一方スペイン紙は移籍の可能性を報道

移籍の可能性が報じられたC・ロナウド

 ここまでレアル・マドリードでリーガ通算124ゴールをマークしているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。すでにエミリオ・ブトラゲーニョ氏とピッリ氏の持つ得点記録123ゴールを破っている彼だが、レアルの伝説的選手パコ・ヘント氏の持つ記録まで、あと2ゴールに迫っている。

 2009年にレアルに加入したC・ロナウドは、驚異的なスピードでゴール数を伸ばしてきた。124ゴールを決めるのに必要とした試合数は112試合。現在、レアルの歴代最多得点ランキングの7番目につけており、1位はラウル・ゴンサレス(現アル・サッド)の228ゴール(550試合)となっている。

 その一方で16日のスペイン紙『アス』は、一面でC・ロナウド移籍の可能性を報じた。同紙によればC・ロナウドは、ジョゼ・モウリーニョ監督及びサポーターからは支持されていると感じているが、その反面、クラブ側の支えがないと感じているという。発端は先日のレバンテ戦、相手DFダビド・ナバーロと競り合い目の上に縫うほどのけがを負っても、クラブが審判協会に警告の手紙を出すなどの処置をとってくれなかったことにある。

 レアルのポルトガル代表DFペペとレバンテのスペイン人DFセルヒオ・バジェステロスがもめた件に関しては通達を出したクラブが、自分に対しては守ってくれていないとの思いがあり、常にスペインリーグの悪役でいるのに疲れ気味だと、同紙は分析している。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る