2012.11.14

レバンテvsレアル戦後のいざこざが話題に…バジェステロスはペペを殴ったのか

 リーガ・エスパニョーラ第11節、レバンテvsレアル・マドリード戦の終了後、レバンテのスペイン人DFセルヒオ・マルティネス・バジェステロスがレアルのポルトガル代表DFペペに殴りかかったとして、話題になっている。

 試合後のミックスゾーンで、そういった小競り合いがあったのか聞かれたレアルのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、「もちろん、バジェステロスさ! いつも同じだよ!」と話し、「負け試合を認めることのできない選手は、ピッチ外で主役になろうとする。サッカーじゃなくて、ボクシングとか他のスポーツの方が好きなら、仕事を変えればいい。僕の問題じゃないさ」と厳しいコメントを出した。

 一部の報道によると、スタジアム内の治療室でポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとペペが治療を受けていると、バジェステロスがやってきて、ペペの首に手をかけたとも報じられている。バジェステロス本人は、「僕は誰も殴っていないし、ペペなんてもってのほかだ」と主張。「僕はクリスティアーノ・ロナウドが大丈夫かどうかを見に、治療室に行っただけ。そうしたら、中でもめているのが見えたから、すぐに出て行ったんだ」と全面的に否定している。

 一方、スペインメディア『クアトロ』は、選手ではなくレアルとレバンテのガードマン同士が争っていたと報じている。情報は錯綜しているがテレビでは、ミックスゾーンのインタビューに答えるバジェステロスと冷たい視線を交し合うスペイン代表MFシャビ・アロンソや、怒った顔で無視して通り過ぎていくセルヒオ・ラモス、ペペの映像などを流しており、両者間に何かあったことは間違いないようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る