2012.11.10

ビラノバ監督がバルセロナの選手バスで流している曲が明らかに

開幕からリーグ戦で無敗を守っているバルセロナ

 9日付のスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が一面で、移動中のバルセロナ選手バスの中で流れている曲について、「ティトのクラブソング」という見出しで暴露している。ティト・ビラノバが選手らを鼓舞するために選曲したのは、アメリカのポップシンガー、ケリー・クラークソンが歌う「Stronger(もっと強く)」だ。

 この曲は、オリジナルの知名度もさることながら、今年5月にアメリカのシアトルにある児童病院の子供たちが、病院に勤めている関係者の協力を得てそれぞれが歌ったものを収録し、動画共有サイトにアップしたことから、約300万人もの人々に広がるというちょっとしたブームが起きた。映像の中で子供たちは、「力」「希望」「戦う人」などのメッセージボードを掲げ、歌のサビである「死ぬ程辛いことが、あなたをもっと強くする、もう少し勇敢にする」という歌詞を叫ぶように歌う姿が、多くの人の共感を呼んでいる。

 ビラノバは、スタジアムから選手バスが出る時にこの曲を流すことで、選手たちに一層の活力を与えたいと考えているようだ。なお、日本では「失恋ソング」の名前で出ているが、原題の「もっと強く」の方がティト・ビラノバのメッセージには合うようだ。スペインではこういった事実が公に出ると、サッカー番組などがゴールシーンの編集などにこぞって利用するようになるため、スペイン国内でもこの曲が再び大ヒットとなることはほぼ間違いないだろう。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る