2012.11.10

レアル・マドリードのイグアイン、検査結果が判明…3週間の離脱に

ゴールを量産していたイグアインだが、負傷離脱が決まった

 チャンピオンズリーグのドルトムントとの対戦において負傷交代したレアル・マドリードのFWゴンサロ・イグアイン。右足後ろに手を当てた状態でベンチに退いていたが、検査の結果、ハムストリングの断裂が確認され、回復に3週間かかることが明らかになった。

 当初の見通しでは、現地17日に行われるアスレティック・ビルバオとの対戦までには間に合うとみられていたが、予想より重症だったことがわかり周囲は失望を隠せずにいる。

 今回の診断結果から判断する限り、イグアインは国内リーグでは週末に控えるレバンテ戦から、続くアスレティック・ビルバオ、ベティスとの対戦、及びアウェーで臨むチャンピオンズリーグのマンチェスター・C戦、更にコパ・デル・レイ(国王杯)でのアルコジャーノとのセカンドレグと、合計5試合を欠場することになる。現地12月1日に予定されているアトレティコ・マドリードとのマドリード・ダービーに出場できるよう、照準を合わせることになるだろう。

 イグアインは9試合連続でのスタメン出場を果たしていた最中で、得点でも勢いに乗っていただけに、その早期復帰が期待されるところだ。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
インテル
40pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る