2012.11.10

リーガとCLで躍進を続けるマラガが、不調ソシエダを迎え撃つ

 現在リーガでは5勝3分2敗の勝ち点18、第5位のマラガ。チャンピオンズリーグのグループステージ第3戦でミラン相手に1-0で大金星を挙げると、リーガ第10節ホームでラージョ・バジェカーノに1-2と敗戦を喫したものの、今週火曜日のグループステージ第4戦アウェーでのミラン戦を1-1で引き分け、早くもチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出を決めた。

 マヌエル・ペジェグリーニ監督はミラン戦後、「まだグループ首位での決勝トーナメント進出ではない。1位通過を狙わなければいけない。クラブ首脳陣との問題もあるけれど、結果を出して、リーガにも集中しなければならない」と、すべてにおいて結果を出していく構えを見せた。周囲の予想を上回る結果を残しつつも、更なる期待を背に、今節はホームでの一戦に臨む。

 対するレアル・ソシエダは、現在3勝1分6敗で第17位。第6節アスレティック・ビルバオ相手に勝利を挙げて以降、敗戦と引き分けが続き、前節もホームでエスパニョール相手に0-1で惜敗を喫した。さらに先週に行われたコパ・デル・レイ(国王杯)でも2部のコルドバ相手に0-2で敗れており、公式戦5試合連続で勝ち星がない。今シーズンいまだアウェーでの勝利も手にしておらず、何とかこの状況を打破したいところだ。

 依然としてGKクラウディオ・ブラボ、MFエルストンド、MFスルトゥサ、FWグリーズマンを欠く厳しい状態が続いているが、故障者リストに名を連ねていたFWアギレチェとMFイジャラメンディが、どうやらマラガ戦への遠征メンバーに入る見込みだ。スペインU-21代表にも選出されるイジャラメンディは、「まずは信頼をつかむことが必要だ、そして次はアウェーでいい試合をすること」と、若き中盤の主軸はマラガ戦へ気を吐いている。気概を胸に、強豪マラガ相手に勝利をつかみ取りたい。

【予想スタメン】
・マラガ[4-2-3-1]
GK:13.カバジェロ
DF:2.ヘスース・ガメス、5.デミチェリス、3.ヴェリグトン、18.エリゼウ
MF:6.イグナシオ・カマーチョ、16.イトゥーラ、7.ホアキン、22.イスコ、19.ポルティージョ
FW:24.サンタ・クルス(9.サビオラ)

・レアル・ソシエダ[4-4-2]
GK:13.スビカライ
DF:2.カルロス・マルティネス、3.ミケル・ゴンサレス、6.イニゴ・マルティネス、24.デ・ラ・ベージャ
MF:22. エストラーダ、5.マルケル、8.イジャラメンディ、10.シャビ・プリエト(18.ゴンサロ・カストロ)
FW:11.ベラ、9.アギレチェ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
ワトフォード
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・ソシエダ
3pt
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る