FOLLOW US

7位セビージャが6位レバンテをホームに迎え撃つ、ライバル直接対決

 セビージャは現在4勝2分3敗の勝ち点14、第7位。第4節ではレアル・マドリードを下し、第6節ではバルセロナ相手に2‐3と敗れるも接戦と、序盤戦の台風の目を演じている。その後、第7節アウェーでセルタに0‐2、第8節はホームで3‐2と勝利するも、前節アウェーでレアル・サラゴサに1‐2と惜敗した。週中に行われたコパ・デル・レイ(国王杯)ではホームでエスパニョールに3‐1と快勝している。リーガではホームで3勝1敗とバルセロナに敗れているが、地の利を生かしている。今節は勝ち点差2で上をいくレバンテを何としても捉えたい。

 ミチェル監督はコパ・デル・レイ、エスパニョール戦の勝利後、「結果を出すことが一番いい、今は次のステップへ進む、そして間違いを修正していく」と課題を見つけ出し、中盤戦へ向けて前を見据えた。その前のサラゴサ戦敗戦後、「非常にきつい」と語っていただけに状況は好転したようだ。今節レバンテとの直接対決で、勝てば順位が入れ替わるだけに全力を注ぎたい。

 一方のレバンテは現在5勝1分3敗の勝ち点16、第6位。第5位のベティスとは勝敗で並んでいる。第6節アウェーでオサスナに0‐4と大敗を喫したが、その後はバレンシア、ヘタフェ、グラナダ相手に3連勝と波に乗ってきている。ヨーロッパリーグでも2勝1敗とまずまずの滑り出しを見せていたが、コパ・デル・レイでは3部所属のメリージャに0‐1と敗戦を喫した。

 フアン・イグナシオ・マルティネス監督はメリージャ戦敗戦後、「誇りを失う必要はないし、いつも集中していなければならない。メリージャはいい戦いをしていたし、言い訳をするつもりもない。私たちがいつものレバンテではなかっただけ。まだもう一戦ある」と気丈に振舞ったが、今節はコパ・デル・レイ敗戦の鬱憤を晴らし、順位をキープしたいところだ。

【予想スタメン】
・セビージャ[4‐2‐3‐1]
GK:1.パロップ
DF:21.シシーニョ、24.ボティーア、4.スパヒッチ、3.フェルナンド・ナバーロ
MF:12.マドゥーロ、8.メデル、7.ヘスース・ナバス、11.ラキティッチ、14.マヌ・デル・モラル
FW:9.ネグレド

・レバンテ [4‐2‐3‐1]
GK:1.ムヌーア
MF:19.ペドロ・ロペス、18.バジェステロス、4.ダビド・ナバーロ、12.フアンフラン
MF:10.イボーラ、23.ディオプ、8.エル・ザール、7.バルケロ、20.フアンル(21.ミチェル)
FW:24.マルティンス

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA