2012.10.27

好調ベティスは攻撃的布陣で勝負、バレンシアはソルダードのゴールに期待

 前節アウェーでオサスナと引き分け、ヨーロッパリーグ出場圏の6位につけたベティス。8節終了時点の勝ち点13は開幕4連勝で一時は首位に立った昨シーズンを上回るだけでなく、クラブ史上3番目のハイペースな滑り出しとなっている。

 今節はオサスナ戦で今シーズン初先発のチャンスを得たスペイン人MFサルバ・セビージャが引き続き先発予定で、出場停止明けのスペイン代表MFベニャ・エチェバリアとともに中盤のオーガナイザー役を務める。今シーズンはよりサイドを使った速攻を重視したダイレクトなサッカーで結果を出しているが、2人が揃えば昨シーズン見られたような華麗なパスワークによる崩しが期待できる。強豪バレンシア相手に中盤を制するのは簡単ではないが、いずれにせよホームでは攻撃的な姿勢を見せてくれるはずだ。

 対するバレンシアは前節アスレティック・ビルバオ相手に劇的な逆転勝利を挙げ、勝ち点11の9位まで順位を上げた。だがスコアレスドローに終わったレアル・マドリードとの開幕戦以降、アウェーでは3連敗中。しかもいまだ無得点と内弁慶ぶりが目立っている。

 とはいえ、23日のチャンピオンズリーグではバイエルンを下したBATEボリソフを相手にアウェーで3‐0と快勝した。しかもビルバオ戦のPK弾で長らく続いた無得点の流れを断ち切ったスペイン代表FWロベルト・ソルダードは、この試合でもハットトリックを達成。また中盤には長らく戦列を離れていた元スペイン代表MFダビド・アルベルダとアルゼンチン代表MFエベル・バネガが復帰しているだけに、今シーズンのアウェー初勝利へ向けた視界は良好と言えるだろう。

【予想スタメン】
・ベティス [4‐3‐3]
GK:13.アドリアン・カスティージョ
MF:22.ネルソン、12.パウロン、3.マリオ、6.アレックス・マルティネス
MF:14サルバ・セビージャ、21.カニャス、10.ベニャ
FW:24.ルベン・カストロ、19.ホルヘ・モリーナ、17.フアン・カルロス

・バレンシア [4‐2‐3‐1]
GK:13.グアイタ
DF:12.ジョアン・ペレイラ、4.ラミ、18.ビクトル・ルイス、22.マテュー
MF:6.アルベルダ、5.ガゴ(10.バネガ)、15.ホナタン・ビエラ、7.ジョナス、17.グアルダード
FW:9.ソルダード

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る