2012.10.24

メッシがペレ氏やゲルト・ミュラー氏の年間ゴール記録更新までもう一歩

様々な記録を塗り替えていくメッシ

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがさらなる記録に向かって進んでいる。リーガ・エスパニョーラ第8節でデポルティボと対戦し、今シーズン初のハットトリックをマークしたメッシは、国内リーグの得点王争いで単独首位に浮上。メッシはクラブ史上、バルセロナのユニフォームを着て15回ハットトリックを記録した初めての選手になった。

 さらにメッシは、バルセロナでのゴール(268得点)とアルゼンチン代表でのゴール(31得点)を合わせて、あと1ゴール決めれば、総計300ゴールをマークすることになる。

 ちなみに“サッカーの王様”ペレ氏が1959年、代表と所属クラブ(サントス)合わせて合計75ゴールを記録しているが、メッシは現在71ゴールをマークしており(うち12ゴールがアルゼンチン代表での得点)、偉大な記録まであと4ゴールと近づいた。また、1972年にはバイエルンのゲルト・ミュラー氏がドイツ代表でのゴールとあわせて85ゴールをマークしている。そのミュラーの記録まではあと14ゴールとなっている。

 

[写真]=ムツ カワモリ

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る