2012.10.14

海外でのプレーの重要性を説くデル・ボスケ監督「セスクのように文化レベルが向上する」

 スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督が、フランス紙『レキップ』の取材に応え、海外でプレーすることの重要性について語っている。

 デル・ボスケ監督は、「セスク・ファブレガスのように、海外でプレーしている選手は文化的なレベルを向上させている。サッカーのレベルとともに、新しい言語の習得や、別の文化への適応が必要なため、様々な知的レベルが成長するんだ」とコメント。16歳でバルセロナからアーセナルへ移籍したセスクを引合いに出し、海外でのプレーの重要性について語っている。

 また、今夏マラガからアーセナルへ移籍したスペイン代表MFサンティ・カソルラについて、「カソルラがアーセナルへ移籍し、アルセーヌ・ヴェンゲルの元で仕事をしていることは喜ばしいね。サッカー選手としてより良くなるだろうし、さらに完成された男になるだろう」と移籍が更なる成長につながると期待している。

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る