FOLLOW US

バルサの21歳モントーヤ「シュート精度があればレアル戦勝利の立役者だった」

 バルセロナに所属するマルティン・モントーヤは、今シーズンから正式にトップチームに昇格。ダニエウ・アウベスが左大腿二頭筋を負傷して訪れた出場チャンスを確実にものにしている。クラブ公式HPが伝えている。

 モントーヤは7日のカンプノウでのレアル・マドリード戦など、ここまで3試合に出場し、合計プレー時間を221分にまで伸ばし、素晴らしいパフォーマンスを披露している。

 クラシコでは決定的なシュートを放った。惜しくも得点を決めることはできなかったが、あと少しシュート精度が高ければ、モントーヤはレアルに対して11ポイント差をつける立役者となっていたところだった。バルセロナの下部組織には8歳で入団し、そこから10年以上の歳月を経て、トップチームへと昇格してきた21歳のモントーヤは、ここまでトップチームで15試合に出場している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO