2012.10.09

マラガのペジェグリーニ監督「アトレティコ・マドリードは頑張っても3位までだ」

 リーガ・エスパニョーラは7日、順位的に見ればバルセロナとレアル・マドリードによる“クラシコ”よりも興味深い2位アトレティコ・マドリードと3位マラガによる無敗対決が行われた。

 しかし、マラガのマヌエル・ペジェグリーニ監督は試合後の記者会見で、昨シーズンのヨーロッパリーグ覇者であり、今シーズンも絶好調のアトレティコ・マドリードをしても、2強の壁は崩せないと明言した。

「アトレティコ・マドリードは頑張っても3位までだろう。バルセロナやレアル・マドリードと覇権を争う可能性はない。それは、バレンシアやセビージャ、私のマラガについても同じであり、我々は3位の座を争うことになる。それだけレアル・マドリードおよびバルセロナの支配力は抜きん出ていると言うことだ」

 ペジェグリーニ監督がそのような見解を示す背景には、2強を追うチームの大一番でのプレー内容にあるようで、今回の一戦も次のように振り返っている。

「ファウルや削り合いの多い肉弾戦だった。どちらのチームも勝利に値しなかった」

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
レヴァークーゼン
38pt
ライプツィヒ
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
52pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
63pt
ユヴェントス
62pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る