2012.10.08

“クラシコ”で2得点のC・ロナウド、試合中に左肩を負傷

負傷の程度が心配されるC・ロナウド

 リーガ・エスパニョーラ第7節が7日に行われ、バルセロナとレアル・マドリードが対戦。試合は2‐2の引き分けに終わった。

 この試合で2得点を挙げる活躍を見せたレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだったが、左肩を負傷した模様だ。クラブ公式HPが伝えている。

 C・ロナウドは後半に試みたオーバーヘッドの着地に失敗し、左肩を強打していた。クラブは、C・ロナウドが左肩を捻挫し、詳細は今後の検査結果で判明すると発表している。

 12日と16日に行われる、ブラジル・ワールドカップ出場権を懸けたヨーロッパ予選を戦うポルトガル代表への影響も懸念される。ポルトガルは12日に敵地でロシア、16日にホームで北アイルランドと対戦する。

 

[写真]=ムツ カワモリ

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る