FOLLOW US

“クラシコ”控えたモウリーニョ監督「世界中のサッカーファンの時が止まる」

レアル・マドリードを率いて3シーズン目となるモウリーニョ監督

 レアル・マドリードは7日に行われるリーガ・エスパニョーラ第7節で、アウェーでのバルセロナ戦に臨む。敵地での“クラシコ”を控え、ジョゼ・モウリーニョ監督が意気込みを語った。クラブの公式HPが伝えている。

「マドリードとバルセロナの試合は、誰もがプレーを楽しみにしている試合なんだ。我々はそれに間違いないし、彼らもきっとそうだろうね。ここから言えば、 クラシコは普通のリーガの試合よりも少し意味合いがあるよ。マドリードとバルセロナの試合がある時は、世界中のサッカーを愛する人々の時が止まるんだ。 (2チームが対戦した)スペイン・スーパーカップの観衆、視聴者の数はチャンピオンズリーグよりも両者の戦いに興味があるものであることを示している」

「とにかく我々の目標はリーガを制覇する事だよ。クラシコも勝ち点3の試合でしかないんだ。日曜日の試合はリーガの試合のなかの1試合。直接のライバル2チームはどちらかが勝ち点3を獲得すれば、どちらかが勝ち点を失うことをわかっているよ」

 なお、リーグ戦6試合を終えて、レアル・マドリードは3勝1分け2敗で勝ち点10の暫定6位。バルセロナは6戦全勝の勝ち点18で首位に立っている。

[写真]=千葉格

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA