FOLLOW US

CLベンフィカ戦で負傷のプジョル、左ひじの脱臼で全治8週間

 バルセロナのスペイン代表DFカルレス・プジョルが、左ひじの脱臼により約8週間、戦線を離脱する見込みとなった。3日、クラブ公式HPで発表された。

 プジョルは、2日に行われたチャンピオンズリーグのグループリーグ第2節のベンフィカ戦で、左ひざじん帯の損傷から復帰。しかし、76分に左ひじの負傷で途中交代し、検査を行っていた。

 プジョルは自身のツイッターで、「バルセロナに戻ってきたよ。ポルトガルで僕の世話をしてくれたみんなに感謝する。すぐに最高の自分で戻ってくるよ! メッセージをくれてありがとう。みんなに大きな抱擁を」とコメントし、ファンに早期復帰を誓っている。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA