FOLLOW US

モウリーニョ監督と確執報道のS・ラモスにチェルシーが50億円用意して接近か

チェルシーのターゲットに浮上したセルヒオ・ラモス

 チェルシーが、今冬にレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの獲得へ動くとスペイン紙『ムンド・デポルティボ』が報じた。

 レアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督とセルヒオ・ラモスの確執が盛んに報じられている。その動向を注視しているチェルシーが5000万ユーロ(約50億円)を用意して、今冬の獲得に動くと伝えている。

 セルヒオ・ラモスは9月18日に行われたチャンピオンズリーグのグループリーグ第1節でマンチェスター・Cと対戦した際に、先発を外されたことに不満を抱いたと見られている。

 また、9月30日のリーガ・エスパニョーラ第6節デポルティボ戦では、ハーフタイムにモウリーニョ監督とドイツ代表MFメスト・エジルが口論をしたようで、ブラジル代表MFカカとの交代を命じられていた。セルヒオ・ラモスは、後半からユニフォーム下にエジルのユニフォームも着てプレーしたことが写真で明らかになっており、モウリーニョ監督への抗議の意が含まれていると報じられている。

 

[写真]=ムツ カワモリ

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA