2012.09.21

シメオネ監督率いる絶好調アトレティコ、昇格組バジャドリードを迎え撃つ

 開幕戦、アウェーで昨シーズンの台風の目レバンテに1‐1と引き分けたものの、第2節ではアスレティック・ビルバオを4‐0と一蹴、前節はホームでラージョ・バジェカーノと対戦し、4‐3で打ち合いを制した。20日に行われたヨーロッパリーグのグループステージ第1戦では、アウェーでハポエル・テルアビブ相手にエースのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオを温存しながら3‐0と、昨シーズンの覇者が格の違いを見せた。今シーズンもその勢いは衰えない。

 EL第1戦ではメンバーも大幅に入れ替えている。GKはセルヒオ・アセンホが出場、DFも元ブラジル代表ミランダは出場したものの、ポルトガル代表シルヴィオ、ダニエル・ディアス、ドミンゴ・シスマを起用、MFもトルコ代表エムレ・ベルゾール、ラウール・ガルシア、ウルグアイ代表クリスティアン・ロドリゲス、FWにはジエゴ・コスタを先発させた。この“ターンオーバー制”でも3‐0、今節は十分に休んだメンバーが復帰してくるとみられる。これは昨シーズンとは違うところだ。今節の相手は昇格組のバジャドリードだが、確実に勝ち点3を取りにいく。

 対するバジャドリードは10‐11、11‐12シーズンをセグンダ(2部)で過ごし、今シーズンプリメーラ(1部)に復帰した。第1節は昨シーズン残留争い真っ只中にいたレアル・サラゴサ相手にアウェーで勝利を挙げると、続く第2節、昨シーズン見事な結果を出しクラブ史上初のEL出場権を手にしたレバンテ相手にホームで2‐0、開幕2連勝を挙げた。第3節はビルバオのホームで0‐2、第4節はホームでベティスに0‐1で敗れており、今節は2連敗を脱出したい。

 ミロスラフ・ジュキッチ監督は今節へ向けて、「君たちが勇敢なら、カルデロンでA・マドリード相手に勝利できる。そうすれば君たちはバジャドリードの一員だ」とチームを盛り上げ、「もちろんA・マドリードがリーガの中で偉大なチームのうちの一つであることを踏まえて言っている」と真っ向勝負を約束した。強豪チームのホームへと乗り込む、ジュキッチ監督の采配に期待したい。

■予想スタメン

・アトレティコ・マドリード[4‐2‐3‐1]
GK:13.クルトワ
DF:20.フアンフラン、23.ミランダ、2.ゴディン、6.フェリペ・ルイス
MF:4.マリオ・スアーレス(5.ティアゴ)、14.ガビ、19.コケ(11.クリスティアン・ロドリゲス)、7.アドリアン・ロペス、10.アルダ
FW:9.ファルカオ

・バジャドリード[4‐2‐3‐1]
GK:1.ハイメ
DF:2.ルカヴィナ、6.ヘスース・ルエダ、4.マルク・バリエンテ、24.バレンシアガ(17.ペーニャ)
MF:18.アルバロ・ルビオ、22.ビクトル・ペレス、20.エーベルト、10.オスカル、14.オマール
FW:9.ハビ・ゲラ

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る