2012.09.21

バルセロナ、プジョルに続きピケも負傷でDFラインが非常事態

 リーガ・エスパニョーラでは開幕4連勝を飾り、チャンピオンズリーグでも白星スタートを切ったバルセロナだが、順調な滑り出しと相反するかのように、シーズン序盤で早くもDFラインが非常事態に巻き込まれた。

 バルセロナは19日、CLグループリーグ第1節で本拠地カンプ・ノウにスパルタク・モスクワを迎えたものの、開始からわずか10分でスペイン代表DFジェラール・ピケがシュートを放った際に相手選手と交錯し、左足首を負傷。自ら交代を申し出たピケに対し、同箇所の捻挫によって全治2~3週間の診断が下されたことが、試合後クラブにより発表された。

 これにより、15日のヘタフェ戦で左ひざに全治4~6週間のけがを負った主将のスペイン代表DFカルレス・プジョルに続き、2試合連続で守備のキーマンを失う結果となったバルセロナ。センターバックのレギュラークラス3選手のうち、2選手が不在という苦しい状況に追い込まれた。

 大きな負担が掛かることになったアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノのセンターバックのパートナーとしては、スパルタク・モスクワ戦でピケに代わり投入されたカメルーン代表MFアレクサンドル・ソングが第1候補となり、守備的MFが本職の2選手がDFラインの中央に構えるという異例の事態となる。また、今シーズンは公式戦2試合でベンチ入りしているものの、まだ出場機会のないU‐21スペイン代表DFマルク・バルトラにも、今後は主力の穴埋めという重要な役割が求められる。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
42pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る