2012.09.11

バレンシアがアルベルダの後継者としてチェルシーのロメウに注目か

 バレンシアがチェルシーのスペイン人MFオリオル・ロメウの獲得に興味を示しているようだ。スペイン紙『Superdeporte』が報じている。

 バレンシアは、35歳となった元スペイン代表MFダビド・アルベルダの後釜を探している模様で、ロメウ獲得に動くと伝えている。

 ロメウは2011年8月にチェルシーへ加入。当時チェルシーを率いていたアンドレ・ヴィラス・ボアス監督(現トッテナム監督)に重用され、コンスタントな出場機会を得ていた。しかしV・ボアス監督解任後、後任となったロベルト・ディ・マッテオ監督の下では、出場機会が減少している。またロメウの前所属先だったバルセロナには、ロメウの優先買い戻し条項があるが、今夏カメルーン代表MFアレクサンドル・ソングを獲得したことにより、その関心は薄いと見られている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る