2012.09.10

ベッカムが財政難のマラガ買収を検討か、米紙報じる

マラガ買収が報じられたベッカム

 ロサンゼルス・ギャラクシーの元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカムが、マラガの買収を検討していると、アメリカ紙『Los Angeles Times』が報じている。

 マラガは現在、財政難に陥っていると見られており、所属選手への給与未払いなどが表面化している。このためマラガのシェイク・アル・ターニ会長はクラブを売却する意向を示していた。

 同紙は、ベッカムと元アメリカ代表DFアレクシー・ララス氏が率いる団体が、現在所有している様々な中東クラブの株式譲渡と交換条件でマラガの75パーセントの株式を取得し、経営を引き継ぐと伝えている。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る