2012.08.31

CLで死の組に入ったレアルのC・ロナウド「どことでも戦う準備はできている」

C・ロナウドはグループリーグの戦いに自信を示す

 UEFA(欧州サッカー連盟)は30日、チャンピオンズリーグのグループリーグ組み合わせ抽選会を行い、リーガ・エスパニョーラ勢では、バルセロナ、バ レンシア、マラガが平均的なグループに入る中、11シーズンぶりの大会制覇を狙うレアル・マドリードが不運に見舞われた。



 第1シードに入ったレアル・マドリードは、第2シードからはイングランド・プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティ、第4シードからはドイツ・ブンデスリーガを連覇したドルトムントと、それぞれ最も対戦を避けたかったチームと顔を合わせることになった。

 また、第3シードからは、イタリア・セリエAを制したユヴェントスとの対戦こそ逃れ、世界4大リーグの王者同士による潰し合いという最悪の事態は免れた ものの、代わりに入ったのはオランダ・エールディヴィジを連覇中のアヤックスと、ヨーロッパ主要リーグのチャンピオンが同居する、大会名を地で行くかのよ うなグループを戦うこととなった。

 史上稀に見る“死のグループ”を勝ち抜かなければならなくなったレアル・マドリードでは、クラブの外交部門の代表者を務めるエミリオ・ブトラゲーニョ氏 が、「最悪のグループに入ってしまった」と正直な感想を漏らしたが、同じく抽選会に出席したチームの大黒柱のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウ ドは、各国の王者撃破に自信を見せた。

「最も難しいタフなグループに入ってしまったことは間違いない。だが、僕達はスペインの王者だ。いかなるチームとも戦う準備はできている」

[写真]=Getty Image

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る