2012.08.24

【プレビュー&予想スタメン】ヘタフェvsレアル・マドリード

◆つまづくのは1度で十分。R・マドリード、常勝路線復活を目指してヘタフェとのダービーに挑む

 リーガは38試合の長丁場。よって開幕戦で勝ち点2を取りこぼしたからといって、どうということはないが、レアル・マドリードの場合は違う。というのも、ここ数年は躓く試合が少ない方が優勝、という熾烈な戦いをバルセロナと繰り広げているからだ。週の中ほどに開催されたスーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)のファーストレグでは2‐3と宿敵バルセロナに敗戦を喫したため、来週行われるセカンドレグへの配慮も必要となる。しかし今節のヘタフェとのダービーでは、第1節に生じたバルセロナとの勝ち点差2をこれ以上広げないよう、今季初白星を是非とも挙げたいところだが…。

 レギュラー選手の中で不確定要素があるのは、開幕戦でGKイケル・カシージャスと空中衝突、脳震盪を起こし、スーペルコパにも欠場したDFペペだ。その代理としてカンプ・ノウ(バルセロナの本拠地)で奮闘を見せたDFラウール・アルビオルもスペイン代表であり、ペペ欠場の際には穴を埋めることができるか、注目が集まる。その他のレギュラー争いでは、2試合DFファビオ・コエントランが先発した左SBでDFマルセロの復権はあるのか、スーペルコパではFWカリム・ベンゼマがトップとして先発したものの、リーガはFWゴンサロ・イグアインの担当になるのか、といったところだろう。また、スーペルコパでは先制点を奪ったものの、開幕戦ではゴールのなかったFWクリスティアーノ・ロナウドがエンジンをかけて、バルセロナFWリオネル・メッシとの壮絶なピチチ(得点王)争いが繰り広げるのかといった点も、見どころとなる。

 一方、第1節ではアウェイでセビージャに1‐2と惜敗したヘタフェだが、この試合では再びハンデを背負うことになる。というのも、2年目のレンタル移籍となったMFペドロ・レオンが今回も契約条項で出場できないからだ。ケガに泣いた昨季とは違い、プレシーズンからセットプレーのキッカーやクロスの供給役としていい働きを示していただけに、ルイス・ガルシア・プラサ監督にも悔しい思いが残るだろう。その代役と目されているMFアベラジズ・バラダはこの夏、モロッコ代表としてロンドン五輪に出場。日本と同じグループで早期敗退してしまったものの、大舞台の経験はトップチーム2年目となる今季の糧となるはずだ。またFWミクも先日はベネズエラ代表として日本とのキリン・チャレンジカップに出場。同点ゴールを挙げる活躍を見せたが、リーガでもチームの得点源として期待がかかる。

 前線以外では、MFハビエル・カスケロ(アルメリアへ移籍)の抜けた中盤にMFシャビ・トーレス(マラガから移籍、昨季はレバンテでプレー)、MFアンヘル・ラフィタ(同サラゴサ)、DFダニエル・ディアスがアトレティコ・マドリードに移った守備陣にはDFダビド・アブラアム(同バーゼル)が新加入。すでに開幕戦から即戦力として起用されているが、R・マドリードの強大な攻撃力から無傷を守るには、まだ連係の面で懸念が残る。この後もアウェイのデポルティボ戦、ホームのバルセロナ戦と難敵が控えているヘタフェだけに、まずは勝ち点1を稼ぐことが目標になりそうだ。

【予想スタメン】
・ヘタフェ[4‐2‐3‐1]
GK:1.モヤ
DF:20.フアン・バレーラ、2.アレクシス、16.ダビド・アブラアム、4.ミゲル・トーレス
MF:5.ラセン、25.シャビ・トーレス、17.ディエゴ・カストロ、19.バラダ、18.ラフィタ
FW:7.ミク

・レアル・マドリード[4‐2‐3‐1]
GK:1.カシージャス
DF:17.アルベロア、3.ペペ(18.アルビオル)、4.セルヒオ・ラモス、15.コエントラン
MF:6.ケディラ、14.シャビ・アロンソ、22.ディ・マリア、10.エジル
FW:7.クリスティアーノ・ロナウド、20.イグアイン

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る