2012.08.24

【プレビュー&予想スタメン】バレンシアvsデポルティボ

◆上々のスタートを切った2チームの対戦。共に鍵を握るのは新加入のアタッカーか

 マウリシオ・ペジェグリーノ監督の初陣となった前節、アウェイでレアル・マドリードと引き分けるという上々のスタートを切ったバレンシア。GKジエゴ・アウヴェスの好守に救われた感は強かったものの、このドローは新指揮官の下でコンパクトさを増した守備組織の賜物だということもできる。

 とはいえホーム開幕戦となる今節は攻撃面でも良いところを見せたいところだ。その点、プレシーズンを通して好調を保ち、前節も同点ゴールを決めたFWジョナスとFWロベルト・ソルダードのホットラインはもちろん、古巣との初対戦となるMFアンドレス・グアルダード、FWネルソン・バルデスら新加入選手の活躍にも期待したい。

 対するデポルティボは開幕戦でオサスナに2‐0と快勝。夏休み真っ最中でどのスタジアムも客入りが伸びない中、満員に近い数のファンと共に2年ぶりの1部復帰を祝った。

 オサスナ戦ではDFカルロス・マルチェナが最終ラインから正確なフィードでゲームを組み立て、中盤ではMFアベル・アギラールがボールを散らし、前線ではFWネルソン・オリヴェイラが鮮やかなループシュートで追加点を流し込むなど、新戦力の活躍が目立った。

 実力的にはバレンシア優位は堅いが、共に丁寧なボールポゼッションからの遅攻と鋭い速攻を使い分ける両者なだけに、守勢に回る時間が長くなるだろうデポルティボの方が戦いやすくなる可能性もある。ワンミスが即、命取りになる。そんな緊張感のある試合になるのではないだろうか。

【予想スタメン】
・バレンシア [4‐2‐3‐1]
GK:1.ジエゴ・アウヴェス
DF:12.ジョアン・ペレイラ、20.リカルド・コスタ、3.ビクトル・ルイス(4.ラミ)、22.マテュー
MF:5.ガゴ、24.ティノ・コスタ、8.フェグリ、7.ジョナス、17.グアルダード
FW:9.ソルダード

・デポルティボ [4‐2‐3‐1]
GK:1.アランスビア
DF:2.マヌエル・パブロ(15.ラウレ)、6.アイタミ(5.ゼ・カストロ)、12.マルチェナ、3.エヴァウド
MF:28.フアン・ドミンゲス、18.アベル・アギラール、16.ブルーノ・ガマ、21.バレロン、10.ピッツィ
FW:11.リキ(9.ネルソン・オリヴェイラ)

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る