2012.08.19

新監督のもとタイトル奪還を目指すバルセロナ、ソシエダ相手に開幕戦勝利なるか

2シーズンぶりのリーグ制覇を狙うバルセロナ

 昨シーズン4連覇を逃したバルセロナは、チームに数々のタイトルをもたらしたジョゼップ・グアルディオラ前監督からバトンを引き継いだティト・ビラノバ新監督の下、今シーズンはレアル・マドリードからのタイトル奪還を目指す。

 とはいえ、ビラノバ監督の就任はアシスタントコーチから指揮官への昇格であり、戦術的な変更は見られない。また戦力的にも、無期限の戦線離脱となったアビダルの穴埋めとしてバレンシアからジョルディ・アルバを獲得した以外、顔ぶれは昨シーズンから殆ど変わりない。

 むしろ、翌日にはサンプドリアとのジョアン・ガンペール杯、4日後にはレアル・マドリードとのスーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)のファーストレグと強行日程が控えているため、代表戦から戻ってきたばかりの選手の疲労蓄積の方が気になる。

 一方、昨シーズンのリーグ戦では、大黒柱のメッシが50ゴールという驚異的な記録を達成したにも係らず、チーム全体ではレアル・マドリードを7ゴール下 回った。今シーズンはメッシ以外の選手の得点の増加が求められる。その最大の鍵を握るビジャは、11日のプレシーズンマッチで8カ月ぶりに戦列復帰したも のの、まだコンディションが完璧な状態にないため、スタメン入りは無さそうだ。

 なおバルセロナは、グアルディオラ監督の就任1年目の開幕戦では、格下ヌマンシア相手に不覚を取っている。ビラノバ監督がどのようなスタートを切るのか、見所の多い一戦となるだろう。

 一方のレアル・ソシエダは昨シーズン、中盤からのペースアップにより12位に入り、最大目標である残留を問題なく達成した。

 迎えた今シーズンは、バルセロナと同様に陣容にそれほど大きな変化はないものの、ゴンサロ・カストロをマジョルカから獲得したうえ、ホセ・アンヘルも ローマからのレンタルにより加入し、戦力に厚みが加わった。また、ベラもアーセナルから完全移籍し、攻撃陣の充実は昨シーズンを大きく上回る。

 一方、長年に渡りチームを支えたキャプテンのアランブルの引退により、最大の懸案となっていた中盤は、プレシーズンではエルストンドがしっかりと穴埋め し、イジャラメンディ、パルド、ロスらの若手も着実に成長している。実際、プレシーズンマッチは6勝1分2敗と結果を残した。

 昨シーズンのバルセロナ戦では、ホームでは引き分け、アウェーでは1点差の黒星と、いずれも好勝負を演じた。就任2年目を迎えたフィリップ・モンタニエ監督の戦術が浸透した今回は、番狂わせに期待しても良さそうだ。

【予想スタメン】
・バルセロナ[4-3-3]
GK:1.ビクトル・バルデス
DF:2.ダニエウ・アウヴェス、5.プジョル(14.マスチェラーノ)、3.ピケ、18.ジョルディ・アルバ(21.アドリアーノ)
MF:16.セルヒオ・ブスケツ、6.シャビ、8.イニエスタ
FW:10.メッシ、4.セスク(17.ペドロ)、9.アレクシス・サンチェス

・レアル・ソシエダ[4-3-3]
GK:1.クラウディオ・ブラボ
DF:22. エストラーダ、3.ミケル・ゴンサレス、6.イニゴ・マルティネス(15.アンソテギ)、12.ホセ・アンヘル(24.デ・ラ・ベージャ)
MF:4.エルストンド、17.スルトゥサ、7.グリーズマン(8.イジャラメンディ)
FW:10.シャビ・プリエト、9.アギレチェ、11.ベラ(18.ゴンサロ・カストロ)

 

[写真]=ムツ カワモリ

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る