2012.08.17

バルセロナのセスク、V・ペルシーのアーセナルからマンUへの移籍に「ショックだ」

ともにアーセナルの主将を務めた2人はそれぞれ別のチームで戦うことに

 バルセロナのスペイン代表MFセスク・ファブレガスは16日、アーセナルから古巣に復帰した昨年夏からちょうど丸1年を迎えた。だが奇しくも同日、セスクの後を受けアーセナルの主将に就任したオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーが、直接のライバルであるマンチェスター・Uに移籍することが発表された。

 スペイン代表の国際親善試合のためにプエルトリコ入りしていたセスクだが、自身にとって記念となる日に流れたこのニュースを前に、思わず「ショックだ!」とツイートした。

 とはいえセスクは、発言の反響の大きさを考慮したのか、その後コメントについて冗談で締めくくった。

「やあ、みんな。僕がショックなのは“パルチス”(スペインのボードゲーム)で4連敗したところだからだ」

 なお、ツイッターでは茶目っ気を見せたセスクだが、プエルトリコ代表との一戦では1ゴールを挙げて2-1の勝利に貢献し、自身の仕事はしっかりと全うしている。

 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る