2012.08.14

新たな称号を求めるモウリーニョ「オンリー・ワンと呼ばれるべき」

自身を唯一の存在と語るモウリーニョ

 チェルシーの指揮官に就任した時、自らを「スペシャル・ワン」と名乗った現レアル・マドリード監督のジョゼ・モウリーニョは、新たな称号を欲している。「オンリー・ワン」と呼ばれることを望んでいるようだ。

 

 昨シーズンのリーガ・エスパニョーラ優勝により、モウリーニョは、イングランド、イタリア、スペインという欧州の3つの主要リーグを制覇する前人未到の偉業を達成。ポルトとインテルを指揮した時には、チャンピオンズリーグ優勝も成し遂げた。モウリーニョはポルトガルの『SIC』で、自身の評価について次のように語っている。

 

「私は、3つの最も大きなリーグで優勝を成し遂げた唯一の監督だ。だからこそ、『スペシャル・ワン』ではなく、『オンリー・ワン』と呼ばれるべきだ」

 

「物事は順調に進んでくれている。神に感謝しているよ。私は最近、他人のためによりエネルギーを注ぐようになった。インテルで勝ち取った喜びは、特別なものだったよ。約50年ぶりに、チャンピオンズリーグのタイトルをクラブにもたらすことができたからね。自分の目標を達成することではなく、他者への貢献が、どんどん私のモチベーションになってきている」

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
55pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る