FOLLOW US

バルサ、ビルバオのハビ・マルティネスを諦めアーセナルのソング獲得に本腰か

 この夏の移籍市場では、バレンシアからスペイン代表DFジョルディ・アルバを獲得しただけにとどまっているバルセロナだが、2人目の補強に向けて方向転換があったようだ。

 バルセロナは現在、契約満了に伴い退団したマリ代表MFセイドゥ・ケイタの穴を埋められる守備的MFを探しているが、もう1つの補強ポイントであるセンターバックも兼務できる選手を希望している。

 バルセロナはここまで、アスレティック・ビルバオのスペイン代表MFハビ・マルティネスの獲得を最大目標としてきた。しかし、ビルバオにハビ・マルティ ネスを放出する気は一切ないため、バルセロナが獲得にこぎつけるためには、契約解除に伴う違約金である4000万ユーロ(約38億8000万円)をクラブ に支払ったうえ、選手本人と合意しなければならない。大量の負債を抱えるバルセロナにはこの金額を支払う余裕はなく、ハビ・マルティネスもここにきてビル バオ残留が前提であることを明言している。

 この状況を勘案したバルセロナは、アーセナルのカメルーン代表MFアレクサンドル・ソングにターゲットを変更した模様だ。スペイン紙『SPORT』によ ると、リーガ・エスパニョーラ開幕まで2週間を切り、バルセロナは同ポジションの補強を急いでいるため、今週が大きな山になる可能性が高いとのことだ。と はいえ、アーセナルは移籍金として最低でも2000万ユーロ(約19億4000万円)を要求すると見られており、バルセロナにとっては厳しい交渉になるこ とは間違いないだろう。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA